×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


勉強スケジュール
last updated 11/05/29

■□■ このページについて ■□■
私が受験したときの勉強スケジュール。記憶を頼りに。


■□■ 1年目(平成19年度・2007年度) ■□■
○時期・・・修士2年・内定時
○受験科目・・・数学、損保数理
○結果・・・数学→合格、損保数理→合格
4月 内々定
5月 数学の教科書(除くモデリング)購入。
教科書読み始める。
微積の問題集で計算練習もしていた。
6月 統計と確率の指定教科書2冊終了。
7月 問題集2冊を解いてる。
8月 問題集2冊終了。
モデリング・損保数理・過去問5年分購入。
モデリングを読み始める→読み終える。
数学の過去問を解き始める。
9月 数学はこの時点で大抵解ける状態。3時間では解けない。
損保数理も読み始めるが意味不明。
10月 過去問3年分追加。モデリング問題集も購入。
数学の過去問解きつつ、モデリング問題集解いてた。
損保数理は地道に教科書解読中。
11月 例題で学ぶ損保数理購入。やっと損保数理が分かり始める。
損保数理の過去問も解き始める。
12月 損保数理の全体をようやく理解。
過去問を繰り返してた。
■□■ 感想など ■□■
・数学は統計専攻者にとってはかなり楽な科目。問題は時間だけ。
・損保数理は学生にとっては教科書だけで理解するにはかなり辛かった。
・指定の教科書類以外に微積の問題集も解いてたおかげか試験本番は計算力でなんとかなった。


■□■ 2年目(平成20年度・2008年度) ■□■
○時期・・・社会人1年目
○受験科目・・・生保数理、年金数理、会計・経済・投資理論
○結果・・・生保数理→合格、年金数理→合格、会計・経済・投資理論→合格
4月 生保数理と年金数理の教科書を眺めていた程度。
5月 アクチュアリー会の基礎講座にあわせて勉強開始。
※この時点ではどれも練習問題をほとんど解いていない。
6月 生保数理の教科書の練習問題を解き始める。
7月 生保数理は引き続き練習問題を解いている。
年金数理は一通り読み終わるが意味不明。
会計と経済は教科書読み終えている。
8月 全科目全て読み終え練習問題も解き終える。
9月 全科目とも過去問を解き始める。
生保数理と年金数理はアクチュアリー会の追加演習講座へ参加。
10月 引き続き過去問演習。
会計以外は教科書を読み直しつつサブノートに公式をまとめる。
11月 引き続き過去問演習。
教科書の演習問題も再度解き直し。
12月 教科書・過去問で苦手な問題を復習。
直前はサブノートでの復習が中心。
会計は試験当日の朝まで仕分けを詰め込んでた。
■□■ 感想など ■□■
・8月で教科書を全部読み終えて、演習問題も解き終えるというのは一つの目安。
・過去問は全科目10年分×5回ぐらいは解いてる。
・生保数理は教科書の演習問題全部解けば、とりあえず問題解ける。
・年金数理は教科書読んだだけでは意味不明。過去問解きながら地道に理解すべし。
・会計は何度も繰り返し読む。経済と投資理論は簡単。


■□■ 3年目(平成21年度・2009年度) ■□■
○時期・・・社会人2年目
○受験科目・・・損保1、損保2
○結果・・・損保1→合格、損保2→不合格ランクU(※)
 ※当時は第T部・第U部ともに最低ライン到達 かつ 合計点が合格点−11点以下
4月 教科書を読み始める。
5月 引き続き教科書読んでる。
6月 社内で配られた説明問題を解いていた。
7月 同上。
8月 同上。
9月 教科書をノートにまとめ始める。
社内の論文対策にあわせて論文対策開始。
10月 同上。
11月 損保1の範囲はまとめ終わってる。
損保2の範囲はまとめ終わっておらず、よく分かってない。
チェックペンを使い始める。
※損保1に絞り始める
12月 教科書や監督指針をひたすらチェックペンで暗記。
損保2の範囲はほとんど勉強していない。
■□■ 感想など ■□■
・教科書を理解するまでに時間がかかり過ぎて、暗記の開始が遅かった。
・自分の勉強法を見つけるのは大事。私は中学生時代に戻ってチェックペンで暗記。
・最終的に損保1の範囲は教科書の文章が丸々書き写せるぐらいまで覚えた。
・しかし、付録Cで損保2の範囲と思わっていたら損保1で出題された。(解けなかった)
・実際に書くことは重要。普段から手で書いていないと書く力が低下する。
・論文はあまり苦もなく書けた。


■□■ 4年目(平成22年度・2010年度) ■□■
○時期・・・社会人3年目
○受験科目・・・損保2
○結果・・・損保2→合格
4月 まだ勉強してない。
5月 まだ勉強してない。
6月 簿記2級の受験後から勉強開始。
出題傾向を把握するため過去問を一通り解いた。
7月 教科書をノートにまとめ始める。(3年目とは別に新しく)
教科書は隅々まで読んで分からないところは残さないようにする。
暗記も開始。
8月 論文対策開始。
9月 引き続きまとめノート作成。
10月 まとめノート完成。
ひたすら暗記。
11月 教科書や監督指針等をひたすら暗記。
毎日1時間程、監督指針等を題材に写経。
12月 暗記・写経を引き続き。
論文は今までに書いたものを見直しただけ。
■□■ 感想など ■□■
・損保1と出題傾向が違うためとりあえず過去問を解いた。出題傾向の把握は重要。
・教科書の内容を調べながらノートにまとめてみると、細かい箇所まで理解が及ぶ。
・暗記は早い段階から何度も行う。とにかく全部覚えるぐらいの意気込みで。
・試験直前まで何かしら書く。